忍者ブログ
『コラムを書きたい!』って思うんです。よく雑誌なんかで、自分の詳しい分野なんかを伝わりやすく、工夫して書く・・・ってやつですね。みなさん!コメントで色んな感想とアドバイスをお願いします!
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52
応援お願いします!
このブログいいかな~と思ったら、クリックして欲しいです!
 人気ブログランキングへ

 ビジネスブログ100選  

blogram投票ボタン
最新コメント
[10/06 稼ぐルーカス]
[10/10 99%県警サギ暗殺被害者]
[06/24 ブログファン]
[05/30 NONAME]
[05/12 ま]
プロフィール
HN:
コンピロ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1971/12/18
職業:
教育関連業
趣味:
テニス、スキー、読書、子供と遊ぶ、文書書き
自己紹介:
●出身地:
神奈川県川崎市だけど、父親
の仕事の都合で、引越しばか
り だったので、どこでも暮
らせる体に・・・今は、品川
に住んでます。

●モットー:
『目標を持とうっ!
      大局をみようっ!』
コンピロの掲示板はコチラ!
edita.jp【エディタ】
BlogPet
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
1)現代の経営を読んで最も印象に残っていること
私が月2回事業部メンバーへ出しているメッセージは、殆ど、この本の内容に即したものになっている。そういった中で、やはり印象に残るのは、一番、自分が事業部運営においてどうにかしなければと思っている部分。〝最高の仕事のための人間組織〟書籍には、誇りや達成感や自己重視の基礎となるものは、自らの仕事についての意思決定や、自らの属する職場コミュニティの運営に対する積極的かつ責任ある参画だけが達成感を持つことが出来るとある。私の事業部のマネージャー陣にこの意識を如何に植え付けるか?彼らは、指導=指示。マネージャーたるもの仕事の概要を決め、やらせることこそが、マネジメントと考え、高圧的に部下と接してしまっている。このことを理解してもらうことが大切だ。
 
2)マネジメントの一員として、取り入れなければならないと感じたこと
私は事業立ち上げ当初から、現代の経営に基づいて、骨格を作ってきていると言っても過言ではないので、すべてとも言えるのだが、中でも事業部における〝卓越性〟に関して、更に深めていく必要があると感じた。2年前に考えていたものと現状では、色々な意味で見え方が変ってきた。今後3年間を見据えた上で何を持って〝卓越性〟と定義づけるのかを考えていく必要がある。
 
3)マネジメントに取り入れなければならないと思ったこと
   全社の方向性がある中で、各事業部の方向性を考えていくというスタイルにしていくことも考えた方が良いかと感じた。全社として向かう方向性がある中で、各事業部は何を担っていくべきなのか?どんな役割を果たしていくべきなのか?を考えるという視点を持つことも必要かと思う。
   全社の社会貢献性とは?卓越性とは?その先の成果は?それらを達成する上で、各事業部が存在している状態にしていく必要があるかと感じた。



    今日のランキングは何位かな?
                   ↓
              ブログランキング




 

 

 

 
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
クリックしてください!
クリックしてもらえれば、私も必ず、お伺いします!
おきてがみ
本を買う!
コンピロのおすすめ情報
<
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
RSS
ページランク
カウンター
被リンク

tinpankunのアフィリエイト チ�゚・�ッ
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]