忍者ブログ
『コラムを書きたい!』って思うんです。よく雑誌なんかで、自分の詳しい分野なんかを伝わりやすく、工夫して書く・・・ってやつですね。みなさん!コメントで色んな感想とアドバイスをお願いします!
[247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238
応援お願いします!
このブログいいかな~と思ったら、クリックして欲しいです!
 人気ブログランキングへ

 ビジネスブログ100選  

blogram投票ボタン
最新コメント
[10/06 稼ぐルーカス]
[10/10 99%県警サギ暗殺被害者]
[06/24 ブログファン]
[05/30 NONAME]
[05/12 ま]
プロフィール
HN:
コンピロ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1971/12/18
職業:
教育関連業
趣味:
テニス、スキー、読書、子供と遊ぶ、文書書き
自己紹介:
●出身地:
神奈川県川崎市だけど、父親
の仕事の都合で、引越しばか
り だったので、どこでも暮
らせる体に・・・今は、品川
に住んでます。

●モットー:
『目標を持とうっ!
      大局をみようっ!』
コンピロの掲示板はコチラ!
edita.jp【エディタ】
BlogPet
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中小企業であれば、成果を上げてマネージャーに昇進しても
プレイングマネージャーとして仕事をせざるを得ない。
 
よくあるのは、プレーヤーとしては優秀だったけど、
マネージャーとしては思うような成果が上がらないパターン。
 
もちろん、そもそもマネージャーとしての資質、適性を
欠いているケースもあるだろう。
プレーヤーからの脱却を図れないケースが多いように感じる。
 
その原因の1つが、新任管理職、新任リーダーとしての
必要な研修を受けていないこと。
 
そんなメンバーに伝えたいことが2つ。
 
1つは「自責」です。
 
「何度言わせればわかるんだ!」
「なぜ俺の言うことをわかってくれないんだ」
 
と思うのではなく、自分にも問題がなかったかを考える。
 
「他人を変えようと思ったならば、まず自分が変わることだ」
 
私の愛読書である『7つの習慣』でも
「インサイド・アウト」という考え方が紹介されています。



 
まずは、自己の内面を変え、それから相手を変えていく。
 
2つ目は「相手の立場に立つ」ということ。
 
相手の立場に立って話をしているでしょうか。
相手の立場に立って話を聞いているでしょうか。
自分の考えを無理に押し付けていないでしょうか。
 
振り返ってみると、思い当たることがいくつもある。
 

 
<コンピロブログ、今日のランキングは何位かな?
                   クリッククリッククリッククリック

 

Google

 



 NinjaStayTime Ninja Blog AXS
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
オフィス共有が流行
   月額使用料を払い、オフィススペースを少人数で共有する人々が増えている、とメディアは報道している。 USAトゥデイによると、テキサス州オースティンのコンジャンクチャード社が提供するオフィススペースでは、会員が仕事や会議をしたり、無料コーヒーを飲んだりすることができる。現在、月額使用料は250ドルで、会員は22人だという。 オフィス共有のアイディアは新しいものではない。数年前から広がり始め、景気後退に伴って、企業や慈善団体が経費節約の手段として利用するようになった。特に個人事業者(2...
Tomi Craft Blog| URL| 2010/03/25(Thu)03:07:16
クリックしてください!
クリックしてもらえれば、私も必ず、お伺いします!
おきてがみ
本を買う!
コンピロのおすすめ情報
<
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
RSS
RSS
ページランク
カウンター
被リンク

tinpankunのアフィリエイト チ�゚・�ッ
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]